京都の天然水「京ほのか」



赤ちゃんのミルクづくりに理想的な硬度30

「京ほのか」は軟水の中でも低い数値の硬度30の軟水で、マグネシウム代謝の負担を避けたい赤ちゃんのミルクづくりに最適で、幼少期のお子さまや妊娠中の方にもおすすめです。また、デリケートな体調の時でも負担がかからない、からだに優しい天然水です。

また、硬度の低い「京ほのか」は、料理やご飯を炊くのにも最適です。硬度の低い軟水は、素材本来の旨みをしっかり引き出してくれるので、お味噌汁やスープ、煮物がおいしく仕上がり、調味料の使用も少量で済みます。また、塩素を含んでいませんので、ビタミン等の栄養分が大きく損なわれることもありません。その他、お茶をつくったり、ウイスキーや焼酎を水割りで飲むときにも美味しく飲むことができます。

pH値6.9の「中性」でクセがなく、飲みやすい水として人気です。



関連記事
硬水と軟水の違い、硬度について